プロペシアは医療費控除より通販が安い

日本では髪が薄いことをポジティブにとらえるよりもネガティブにとらえることの方が多くなっています。
ただ海外では、髪が薄いことをポジティブにとらえる人が多い国もあります。
薄毛への対処法としてさまざまな対処法がありますが、薬によって発毛を促進するという対処法があります。

プロペシアとは、発毛に効果のある男性型脱毛症用薬で、世界の60か国以上で承認されています。
プロペシアが一躍有名になったのは世界で初めて医師が処方する男性型脱毛症用薬であるということです。
日本でも2001年から臨床試験が開始され、2003年に厚生労働省へ承認申請を行い、2005年12月から国内にて発売が開始されています。

話は変わりますが、日本の所得税では医療費控除として、一定以上の金額を病院などに治療のため支払った場合に、所得から控除することができるという制度があります。
会社員の方の場合、この医療費控除を受けるために年1回税務署へ行くという話も聞きます。

話を戻すと、プロペシアを処方してもらって医療費控除より通販での購入の方が安い価格で購入することができます。
海外からの通販により購入する場合の値段は、だいたい50米ドル前後で購入できますので、医療費控除より値段としては安くなっています。

プロペシアは医療費控除の対象?

男性型脱毛症(AGA)に悩む人は、日本国内に1200万人以上いるといわれています。
男性ホルモンが影響するこの症状は、近年、医療機関で治療が出来るようになりました。
一人で悩まず専門医の治療を受けることが推奨されています。

インターネットで専門医を探すことが出来ますので、男性型脱毛症治療、AED治療、クリニックなどをキーワードに検索をしてみてください。

男性型脱毛症治療のクリニックでは、治療薬としてプロペシアを使用するところが少なくありません。
プロペシアの成分は「フィナストリド」と呼ばれるもので、薄毛治療に使用される医薬品です。
アメリカの製薬会社が開発し、既に世界で60カ国以上が承認する医薬品です。
日本でも厚生労働省の承認を得て、2005年12月より販売が開始されています。

プロペシアの働きは、男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンを抑制するもので、脱毛や薄毛を予防する効果が期待できます。

また、この薬は、脱毛・育毛の治療薬として、唯一国が医療費控除の対象と認めている医薬品です。
プロペシアは、インターネットを通じて個人輸入で手に入れる方もおられますが、医師の処方に基づいて使用したものについてのみ、医療費控除の対象にすることが出来ます。

薄毛に悩む方は、個人の判断で治療薬を服用するのではなく、専門の医療機関で治療をすることをおすすめします。